古語:

めざましの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

め-ざま・し 【目覚まし】

形容詞シク活用

活用{(しく)・しから/しく・しかり/し/しき・しかる/しけれ/しかれ}


気にくわない。目にあまる。


出典源氏物語 桐壺


「はじめより我はと思ひ上がり給(たま)へる御方々、めざましきものにおとしめそねみ給ふ」


[訳] 宮仕えの最初から、私こそは(帝(みかど)の寵愛(ちようあい)をうける)と自負していらっしゃった御方々は、(桐壺更衣(きりつぼのこうい)を)気にくわない者としてさげすみ、ねたみなさる。


思いのほかすばらしい。意外にたいしたものだ。


出典源氏物語 明石


「『げにもすきたるかな』と、めざましう見給(たま)ふ」


[訳] 「なるほど風流なことよ」と思いのほかすばらしいとご覧になる。◇「めざましう」はウ音便。


参考

平安時代の仮名文学では、多く、上位の者が下位の者の言動や状態を見て、身の程を越えて意外であると感じたときに、のようにけなしたり、のようにほめたりして用いられるが、現代語とは異なり、むしろの意に用いられることが多い。









めざましのページへのリンク
「めざまし」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

めざましのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




めざましのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS