古語:

もがの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

も-が

終助詞

《接続》体言、形容詞・助動詞の連用形、副詞、助詞などに付く。〔願望〕…があったらなあ。…があればなあ。


出典万葉集 三三八七


「足(あ)の音せず行かむ駒(こま)もが葛飾(かつしか)の真間(まま)の継ぎ橋やまず通はむ」


[訳] 足音を立てないで行くような馬があればなあ。葛飾の真間の継ぎ橋をたえず通おうに。


参考

上代語。上代には、多く「もがも」の形で用いられ、中古以降は「もがな」の形で用いられた。⇒もがな・もがも









もがのページへのリンク
「もが」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

もがのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




もがのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS