古語:

もろともにの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > もろともにの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

もろともに…

分類和歌


出典百人一首 


「もろともにあはれと思へ山桜花よりほかに知る人もなし」


出典金葉集 雑上・行尊(ぎやうそん)


[訳] 私がお前をなつかしむのと同じように、お前も私をなつかしいものと思っておくれ、山桜よ。(このような山奥には)お前のほかに、(私の心を)知る人はいないのだよ。


鑑賞

吉野(よしの)の大峰山(おおみねさん)の峰入り修行の際の感慨を詠(よ)んだ歌。



もろとも-に 【諸共に】

副詞

いっしょに。みんなそろって。


出典土佐日記 二・一六


「この家に生まれし女子(をんなご)のもろともに帰らねば」


[訳] この家で生まれた女の子がみんなといっしょに帰ってこないので。









もろともにのページへのリンク
「もろともに」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

もろともにのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




もろともにのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS