古語:

やすしの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

やす・し

[一]形容詞ク活用

活用{(く)・から/く・かり/し/き・かる/けれ/かれ}


(一)

【安し】


心が穏やかだ。平穏だ。不安がない。


出典源氏物語 桐壺


「同じ程、それより下﨟(げらふ)の更衣(かうい)たちは、ましてやすからず」


[訳] (桐壺更衣(きりつぼのこうい)と)同じ身分や、それより低い身分の更衣たちは、いっそう心が穏やかではなく。


気軽だ。軽々しい。安っぽい。


出典源氏物語 橋姫


「心に任せて、身をやすくも振る舞はれず」


[訳] 自分の好きなように気軽に行動することもできず。


(二)

【易し】


易しい。たやすい。容易だ。


出典徒然草 一〇九


「過ちは、やすき所になりて、必ずつかまつることに候ふ」


[訳] 失敗は易しい所になってから、必ずいたすものでございます。◇[反対語] 難(かた)し。


簡単だ。無造作だ。あっさりしている。


出典枕草子 御前にて人々とも


「いみじうやすき息災の祈りななり」


[訳] ずいぶん簡単な、災いよけのおまじないであるようだ。


[二]補助形容詞ク活用

活用{(く)・から/く・かり/し/き・かる/けれ/かれ}


〔動詞の連用形について〕…しやすい。…しがちだ。▽その動作が容易に行われる意を添える。


出典枕草子 にくきもの


「あなづりやすき人ならば、『のちに』とてもやりつべけれど」


[訳] 軽く扱いやすい人であるならば、「後で」と言って帰してしまうこともできるだろうが。









やすしのページへのリンク
「やすし」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

やすしのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




やすしのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS