古語:

やまわかれの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > やまわかれの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

やまわかれ…

分類和歌


「山別れとびゆく雲の帰り来る影見るときはなほ頼まれぬ」


出典新古今集 雑下・菅原道真(すがはらのみちざね)・大鏡時平


[訳] 山から別れ飛んで行く雲が、また山に帰ってくる姿を見ると、やはり自分もいつか都に帰ることができるかと、頼みに思ってしまうことだ。


鑑賞

「雲」と題された歌。『大鏡』の時平(ときひら)伝は「雲の浮きてただよふをご覧じて」と記して、この歌を伝える。時平の讒言(ざんげん)(=おとしいれるための悪口)によって、太宰府(だざいふ)に配流(はいる)の身となった道真の悲痛な述懐である。「なほ」に、無実の罪に苦しみもだえ、浮き雲にわずかな希望を託すほかない哀感がこめられている。








やまわかれのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

やまわかれのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




やまわかれのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS