古語:

やむごとなしの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > やむごとなしの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

やむごと-な・し

形容詞ク活用

活用{(く)・から/く・かり/し/き・かる/けれ/かれ}


よんどころない。打ち捨てておけない。


出典蜻蛉日記 上


「『うちにしも、やむごとなき事あり』とて」


[訳] 「宮中によんどころない用事がある」と言って。


格別に大切だ。特別だ。この上ない。並たいていでない。


出典今昔物語集 二八・二


「摂津守(せつつのかみ)も、これらをやむごとなき者にして、後前に立ててぞつかひける」


[訳] 摂津守もこれらの兵を格別に大切な者と考えて、自分の前後に立たせて使った。


高貴だ。尊ぶべきだ。重々しい。


出典源氏物語 桐壺


「いとやむごとなききはにはあらぬが、すぐれて時めき給(たま)ふありけり」


[訳] それほど高貴な身分ではない方で、際だって帝(みかど)のご寵愛(ちようあい)を受けて栄えていらっしゃる方があった。◆「やんごとなし」「やうごとなし」「やごとなし」とも。


参考

「やむごとなし」と「あてなり」の違い 「やむごとなし」は身分を表す場合、類がないような最上のものをいう。一般的な高貴さを表す「あて(貴)なり」とはその点で異なる。









やむごとなしのページへのリンク
「やむごとなし」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

やむごとなしのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




やむごとなしのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS