古語:

ゆの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

格助詞

《接続》体言、活用語の連体形に付く。


〔起点〕…から。…以来。


出典万葉集 三一七


「天地(あめつち)の分かれし時ゆ神(かむ)さびて高く貴き駿河(するが)なる富士の高嶺(たかね)を」


[訳] ⇒あめつちの…。


〔経由点〕…を通って。…を。


出典万葉集 三一八


「田子(たご)の浦ゆうち出(い)でて見れば真白(ましろ)にそ」


[訳] ⇒たごのうらゆ…。


〔動作の手段〕…で。…によって。


出典万葉集 三三九六


「目ゆか汝(な)を見むさ寝ざらなくに」


[訳] 目でおまえを見るだけなのだろうか、共寝しなかったわけでもないのに。


〔比較の基準〕…より。


出典万葉集 二四三八


「綱手(つなで)引く海ゆまさりて深くし思ふを」


[訳] (私は)綱手を引く海よりも(あなたを)いっそう深く思っているよ。


参考

上代の歌語。類義語に「ゆり」「よ」「より」があったが、中古に入ると「より」に統一された。



助動詞下二段型

《接続》四段・ナ変・ラ変の動詞の未然形に付く。⇒語法(2)


〔受身〕…れる。…られる。


出典万葉集 一六四一


「沫雪(あわゆき)に降らえて咲ける梅の花君がりやらばよそへてむかも」


[訳] あわ雪に降られて咲いた梅の花をあなたのもとに届けたならば、(あなたはそれを)あわ雪と思ってしまうだろうか。


〔可能〕…できる。


出典万葉集 八五三


「見るに知らえぬうまひとの子と」


[訳] 一目見て知ることができました、(あなたが)良い家柄の娘であると。


〔自発〕自然と…するようになる。…れる。


出典万葉集 八九八


「慰むる心はなしに雲隠り鳴き行く鳥の音(ね)のみし泣かゆ」


[訳] 心を慰めることもなくて、雲に隠れて鳴いて行く鳥のように自然と泣けてくることだ。


語法

(1)上代に限って用いられ、助動詞「る」の発達に伴って衰退した。⇒らゆ(2)「射ゆ」「見ゆ」という語のあることから、古くは上一段活用の未然形にも接続した。


注意

助動詞「る」に対応するが尊敬の意はない。


参考

(1)「おもほゆ」「おぼゆ」「聞こゆ」「見ゆ」などの「ゆ」も、もと、この助動詞であったが、これらは「ゆ」と複合した一語の動詞と考えられる。(2)現代語の連体詞「あらゆる」「いわゆる」は、「あり」「言ふ」の未然形に、連体形の「ゆる」が接続して固定化したものである。



ゆ 【揺】

名詞

琴の奏法の一つ。弦を押さえた左手の指先で弦を揺り動かして、音の余韻にうねりをつける手法。また、その音。



ゆ 【柚】

名詞

ゆず(=木の名)。また、ゆずの実。



ゆ 【湯】

名詞

湯。


湯浴(ゆあ)み。入浴。湯殿。


出典源氏物語 帚木


「下屋(しもや)にゆにおりて」


[訳] 下屋(=身分の低い者のいる建物)に湯浴みをしにおりて。


温泉。


出典万葉集 三三六八


「足柄(あしがり)の土肥(とひ)の河内(かふち)に出(い)づるゆの」


[訳] 足柄の土肥の河内に出る温泉の。


煎(せん)じ薬。薬湯(やくとう)。


出典源氏物語 手習


「しばしゆを飲ませなどして、助け試みむ」


[訳] しばらく薬湯を飲ませるなどして、助けてみよう。









ゆのページへのリンク
「ゆ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

ゆのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




ゆのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS