古語:

ゆきゆきての意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > ゆきゆきての解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ゆきゆきて…

分類俳句


「行き行きて倒れ伏すとも萩(はぎ)の原」


出典奥の細道 山中・曾良(そら)


[訳] どこまでも行けるところまで行って、たとえ途中で力尽きて行き倒れても、そこが、はぎの花の美しく咲く野辺であるなら本望だ。


鑑賞

曾良が、加賀の国(石川県)山中温泉で腹を病み、それまで一緒に旅を続けていた師の芭蕉(ばしよう)と別れて伊勢(いせ)の国(三重県)長島へ旅立った折の作。師と別れ、病身で旅立つ風流人の悲壮な覚悟が読み取れる。季語は「萩」で、季は秋。









ゆきゆきてのページへのリンク
「ゆきゆきて」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

ゆきゆきてのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




ゆきゆきてのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS