古語:

ゆくはるをの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > ゆくはるをの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ゆくはるを…

分類俳句


「行く春を近江(あふみ)の人と惜しみける」


出典猿蓑 俳諧・芭蕉(ばせう)


[訳] 美しい琵琶(びわ)湖の風光を前にして、去ろうとしている春を、風雅を解する近江の人とともに惜しんだことだ。


鑑賞

句には「湖水を望みて春を惜しむ」と前書きがある。『去来抄』には、尚白(しようはく)の「句の『近江』は『丹波』でもよし、『行く春』は『行く歳(とし)』でもよいではないか」との非難に対して、その非難は当たらないとする論が見える。季語は「行く春」で、季は春。









ゆくはるをのページへのリンク
「ゆくはるを」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

ゆくはるをのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




ゆくはるをのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS