古語:

ゆらふの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ゆら・ふ

[一]自動詞ハ行下二段活用

活用{へ/へ/ふ/ふる/ふれ/へよ}


(一箇所に)とどまる。ためらう。


出典平家物語 四・宮御最期


「後陣はいまだ興福寺の南大門にゆらへたり」


[訳] 後陣はまだ興福寺の南大門にとどまっている。


[二]他動詞ハ行下二段活用

活用{へ/へ/ふ/ふる/ふれ/へよ}


控えとどめる。


出典今昔物語集 二五・一三


「守(かみ)兵等(つはものら)をゆらへむがため責め討たず」


[訳] 国司は、兵士たちを控えとどめ(=休息させ)ようとするために攻撃しない。








ゆらふのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

ゆらふのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




ゆらふのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS