古語:

よするなみの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > よするなみの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

よするなみ…

分類和歌


「寄する波うちも寄せなむわが恋ふる人忘れ貝おりて拾はむ」


出典土佐日記 二・四


[訳] 浜辺に寄せる波よ、しきりに打ち寄せてほしい。私が恋しく思っている子を忘れるという忘れ貝を。私はそれを舟から下りて拾い、あの子を忘れよう。


鑑賞

風雨で停泊中の浜辺に美しい貝や石を見つけ、任地の土佐(高知県)で亡くした幼い娘のことを思い出した。「忘れてしまおう」ということで、追慕の情のせつなさが一層際だっている。「忘れ貝」は、それを拾うと恋のつらさを忘れることができるという貝のことで、二枚貝の一片を指す。「寄せなむ」の「なむ」は未然形に付いて他に対する願望を表す終助詞で、「~してほしい」と訳す。








よするなみのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

よするなみのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




よするなみのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS