古語:

よよとの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

よ-よ(と)

副詞

おいおい(と)。▽しゃくり上げて泣くようす。


出典大和物語 一四八


「かなしきこと物に似ず、よよとぞ泣きける」


[訳] 悲しいことはなみなみでなく、おいおいと泣いた。


たらたら(と)。だらだら(と)。▽しずくやよだれなどがしたたり落ちるようす。


出典源氏物語 横笛


「雫(しづく)もよよと食ひぬらし給(たま)へば」


[訳] よだれをだらだらと(たらして、たけのこを)食いぬらしなさるので。


ぐいぐい(と)。ごくごく(と)。がぶがぶ(と)。▽水・酒・汁などを勢いよく飲むようす。


出典徒然草 八七


「酒を出(い)だしたれば、さしうけ、さしうけ、よよと飲みぬ」


[訳] 酒を出したら、(杯に)受けては受けては、ぐいぐいと飲んだ。









よよとのページへのリンク
「よよと」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

よよとのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




よよとのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS