古語:

よりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

より

格助詞

《接続》体言や体言に準ずる語に付く。


〔起点〕…から。…以来。


出典更級日記 大納言殿の姫君


「いづくより来つる猫ぞと見るに」


[訳] どこからやってきた猫かと思って見ているうちに。


〔経由点〕…を通って。…を。


出典源氏物語 玉鬘


「前よりゆく水を初瀬川といふなりけり」


[訳] (僧坊の)前を通って流れる水を初瀬川というのであった。


〔動作の手段・方法〕…で。


出典徒然草 五二


「徒歩(かち)よりまうでけり」


[訳] (仁和寺の法師が)徒歩で(石清水八幡宮(いわしみずはちまんぐう)に)参詣(さんけい)した。


〔比較の基準〕…より。


出典更級日記 かどで


「東路(あづまぢ)の道の果てよりも、なほ奥つ方に生ひ出でたる人」


[訳] 東国へ行く道筋の最果て(=常陸(ひたち)の国)よりも、さらに奥まった所(=上総(かずさ)の国)で成長した人(である私)。


〔範囲を限定〕…以外。…より。▽多く下に「ほか」「のち」などを伴って。


出典古今集 秋上


「蜩(ひぐらし)の鳴く山里の夕暮れは風よりほかに訪(と)ふ人もなし」


[訳] 蜩が鳴きしきる山里の夕暮れどきには、風よりほかに私の家を訪れてくれる人もない。


〔原因・理由〕…ために。…ので。…(に)よって。


出典竹取物語 ふじの山


「つはものどもあまた具して山へ登りけるよりなむ、その山をふじの山とは名付けける」


[訳] 兵士たちを大勢つれて山へ登ったことによって、その山を(士(つはもの)に富む山の意で)富士の山と名付けたのである。


〔即時〕…やいなや。…するとすぐに。


出典徒然草 七一


「名を聞くより、やがて面影は推しはからるる心地するを」


[訳] 名前を聞くやいなや、すぐに(その人の)顔つきは見当をつけられる気がするが。


参考

(1)については、接続助詞とする説もある。(2)上代、「より」と類似の意味の格助詞に「よ」「ゆ」「ゆり」があったが、中古以降は用いられなくなり、「より」のみが残った。


語の歴史

起点を表す語の変遷









よりのページへのリンク
「より」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

よりのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




よりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS