古語:

よをこめての意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > よをこめての解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

よをこめて…

分類和歌


出典百人一首 


「夜をこめて鳥の空音(そらね)ははかるともよに逢坂(あふさか)の関はゆるさじ」


出典後拾遺集 雑二・清少納言(せいせうなごん)


[訳] まだ夜が明けないうちに、鶏の鳴きまねをしてだまそうとしても、(中国の故事にあった函谷関(かんこくかん)なら開きましょうが、)逢坂の関は決して開かないでしょう。(うまいことをおっしゃっても、私はあなたに逢(あ)うことはありますまい。)


鑑賞

藤原行成(ふじわらのゆきなり)の求愛を、中国の史書『史記』孟嘗君(もうしようくん)伝の故事を巧みに用いながら拒否した歌。『枕草子(まくらのそうし)』の「頭の弁の、職にまゐり給ひて」の段に、詳しい事情が述べられている。「逢坂の関」には、男女が逢う意をかけている。



よ-を-こめ-て 【夜を籠めて】

分類連語


まだ夜が明けないうちに。まだ暗いうちに。


出典後拾遺集 雑二


「よをこめて鳥の空音(そらね)ははかるともよに逢坂(あふさか)の関はゆるさじ」


[訳] ⇒よをこめて…。


なりたち

名詞「よ」+格助詞「を」+動詞「こむ」の連用形+接続助詞「て」









よをこめてのページへのリンク
「よをこめて」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

よをこめてのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




よをこめてのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS