古語:

らの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

-ら

接尾語

(一)

【等】


〔主として人を表す名詞・代名詞に付いて〕…たち。▽複数であることを表す。「少女(をとめ)ら」。


〔名詞に付いて〕親愛の意を表す。


出典万葉集 二一〇


「頼めりし児(こ)ら」


[訳] 頼みにしていた人。


自分を表す名詞に付いて、卑下の意を表す。


出典万葉集 三三七


「憶良(おくら)らは今はまからむ」


[訳] ⇒おくららは…。


〔相手や他人を表す名詞・代名詞に付いて〕軽べつの意を表す。


出典平家物語 二・西光被斬


「おのれらがやうなる下﨟(げらふ)の果て」


[訳] おまえらのような卑しい身分の末。◇鎌倉時代以降の語。


〔代名詞に付いて〕漠然とした場所・方向を表す。「ここら」「いづら」。


〔名詞に付いて〕語調を整える。「荒野ら」「夜ら」。


(二)

〔形容詞の語幹などに付いて〕その状態であることを表す。「賢(さか)しら」「きよら」



完了の助動詞「り」の未然形。



ら 【羅】

名詞

薄く織った絹布。薄絹(うすぎぬ)。薄物(うすもの)。









らのページへのリンク
「ら」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

らのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




らのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS