古語:

らうの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

らう

助動詞特殊型

《接続》活用語の終止形に付く。


活用{○/○/らう/らう/○/○}


〔推量〕…ているだろう。…のだろう。…だろう。▽原因・理由や現在の事実について推量する。


出典閑吟集 


「宇治(うぢ)の川瀬の水車(みづぐるま)、なにと憂き世をめぐるらう」


[訳] 宇治川の瀬にある水車は、どうしてこのつらい世の中をまわっているのだろう。◆助動詞「らむ」の変化した語。中世後期の語。



らう 【労】

名詞

骨折り。苦労。


出典徒然草 一二九


「顔回(がんくわい)は、志、人にらうを施さじとなり」


[訳] (孔子の弟子の)顔回は、その心がけは、他人に苦労をかけまいということである。


功労。年功。


出典源氏物語 真木柱


「宮仕へのらうもなくて、今年加階し給(たま)へる心にや」


[訳] 宮仕えの功労もなくて、今年(三位に)昇進なされた(感謝の)気持ちか。


熟練。経験を積むこと。行き届いた心遣い。


出典源氏物語 絵合


「深きらうなきおれ者も」


[訳] 十分な経験を積むことのない愚かな者でも。



らう 【廊】

名詞

寝殿造りなどで、建物と建物とを結ぶ、板敷きの渡り廊下。⇒細殿(ほそどの)・渡殿(わたどの)



らう 【霊】

名詞

「りゃう(霊)」に同じ。









らうのページへのリンク
「らう」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

らうのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




らうのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS