古語:

らくの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

-らく

接尾語

〔上一段動詞の未然形、上二段・下二段・カ変・サ変・ナ変動詞の終止形や、助動詞「つ」「ぬ」「ゆ」「しむ」などの終止形に付いて〕


…すること。▽上に接する活用語を名詞化する。


出典万葉集 三三〇三


「里人の我に告ぐらく」


[訳] 里人が私に告げることには。


…ことよ。▽文末に用いて、詠嘆の意を表す。


出典万葉集 二〇七一


「夜のふけぬらく」


[訳] 夜が更けてしまったことよ。◆上代語。⇒く(接尾語)



らく 【洛】

名詞

「洛陽(らくやう)」の略。都。特に、京都。


出典幻住庵記 俳文・芭蕉


「このたびらくに上りいまそかりけるを」


[訳] 今度京都に上っていらっしゃったのを。









らくのページへのリンク
「らく」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

らくのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




らくのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS