古語:

わたるの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

わた・る 【渡る】

[一]自動詞ラ行四段活用

活用{ら/り/る/る/れ/れ}


越える。渡る。


出典伊勢物語 九


「渡守(わたしもり)、『はや舟に乗れ、日も暮れぬ』と言ふに、乗りてわたらむとするに」


[訳] 渡し舟の船頭が「早く舟に乗れ、日も暮れてしまう」と言うので、乗って渡ろうとするが。


移動する。移る。


出典土佐日記 一二・二一


「住む館(たち)より出(い)でて、船に乗るべき所へわたる」


[訳] 住んでいる官舎から出て、船に乗ることになっている所へ移る。


行く。来る。通り過ぎる。


出典枕草子 心ときめきするもの


「ちご遊ばする所のまへわたる」


[訳] 赤ん坊を遊ばせている前を通り過ぎるの(は心がどきどきする)。


(年月が)過ぎる。経過する。(年月を)過ごす。(年月を)送る。暮らす。


出典徒然草 一〇八


「日を消(せう)し、月をわたりて一生を送る、もっとも愚かなり」


[訳] 日を過ごし、月を送って(つまらない)一生を送るのは、実に愚かなことである。


行き渡る。広く通じる。及ぶ。


出典徒然草 九二


「このいましめ、万事にわたるべし」


[訳] この訓戒は、すべての場合に広く通じるにちがいない。


〔多く「せ給(たま)ふ」とともに用いて〕いらっしゃる。おられる。▽「あり」の尊敬語。


出典平家物語 四・若宮出家


「高倉の宮の御子(みこ)の宮たちのあまたわたらせ給(たま)ひ候ふなる」


[訳] 高倉の宮のお子様の宮たちが大勢いらっしゃいますそうです。


[二]補助動詞ラ行四段活用

活用{ら/り/る/る/れ/れ}


〔動詞の連用形に付いて〕


一面に…する。広く…する。


出典更級日記 かどで


「夕霧立ちわたりて」


[訳] 夕霧が一面に立ちこめて。


ずっと…しつづける。絶えず…する。


出典伊勢物語 六


「女のえ得(う)まじかりけるを、年を経てよばひわたりけるを」


[訳] 女で自分のものにできそうもなかった人を、何年もずっと求婚しつづけていたのを。









わたるのページへのリンク
「わたる」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

わたるのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




わたるのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS