古語:

わぶの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

わ・ぶ 【侘ぶ】

[一]自動詞バ行上二段活用

{語幹〈わ〉}


気落ちする。悲観する。嘆く。悩む。


出典伊勢物語 九


「限りなく遠くも来にけるものかなと、わびあへるに」


[訳] この上もなく遠くまでもまあ来てしまったものだなあと、互いに嘆き合っていると。


困る。困惑する。当惑する。


出典源氏物語 花宴


「いといたう強(し)ひられて、わびにて侍(はべ)り」


[訳] まったくたいそう(酒を)無理強いされて、困っております。


つらく思う。せつなく思う。寂しく思う。


出典古今集 雑下


「わくらばに問ふ人あらば須磨(すま)の浦に藻塩(もしほ)たれつつわぶと答へよ」


[訳] たまたまに(私のことを)尋ねる人があったなら、須磨の浦で藻塩草に潮水をかけながら(涙を流して)せつなく思っていると答えてください。


落ちぶれる。貧乏になる。まずしくなる。


出典古今集 仮名序


「あるは、昨日は栄えおごりて、時を失ひ、世にわび」


[訳] ある場合には、昨日(まで)は栄えて思い上がっていたのに、(今日は)時の流れに合わないで勢力がなくなり、世間で落ちぶれて。


わびる。謝る。


出典宇治拾遺 一一・三


「『ただ許し給(たま)はらむ』とわびければ」


[訳] 「ともかく許しをいただきたい」と謝ったので。◇「詫ぶ」とも書く。


静かな境地を楽しむ。わび住まいをする。閑寂な情趣を感じとる。


出典松風 謡曲


「ことさらこの須磨の浦に心あらん人は、わざともわびてこそ住むべけれ」


[訳] 特にこの須磨の海岸では、情趣のわかる人は、わざとでもわび住まいをして住みつくであろう。


[二]補助動詞バ行上二段活用

活用{び/び/ぶ/ぶる/ぶれ/びよ}


〔動詞の連用形に付いて〕…しづらくなる。…しかねる。…しきれない。


出典伊勢物語 七


「京にありわびて東(あづま)に行きけるに」


[訳] (ある男が)都に住みづらくなって東国へ行ったが。









わぶのページへのリンク
「わぶ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

わぶのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




わぶのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS