古語:

われこそはの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > われこそはの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

われこそは…

分類和歌


「我こそは新島守(にひじまもり)よ隠岐(おき)の海の荒き波風心して吹け」


出典増鏡 後鳥羽院(ごとばゐん)


[訳] 私こそが、新しく来た島の番人である。隠岐の海の荒い波や風よ、今からは気をつけてもっと穏やかに吹くのだぞ。


鑑賞

鎌倉幕府打倒を企てた後鳥羽院が、承久の変に敗れ、隠岐に流されたときの歌。帝王らしい力強さにあふれる歌い振りとは裏腹な、配所での孤独な生活をしのばせて、深い悲しみを誘う。









われこそはのページへのリンク
「われこそは」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

われこそはのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




われこそはのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS