古語:

われはもやの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > われはもやの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

われはもや…

分類和歌


「我はもや安見児(やすみこ)得(え)たり皆人(みなひと)の得(え)がてにすとふ安見児得たり」


出典万葉集 九五・藤原鎌足(ふぢはらのかまたり)


[訳] 私はまあ安見児を妻として得た。だれもが皆得がたいものにしている、安見児を妻とすることができた。


鑑賞

内大臣であった作者が、臣下との結婚が禁じられていた采女(うねめ)を、自分一人が妻となし得た喜びを誇った歌。おそらく宴席で歌われたのであろう。








われはもやのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

われはもやのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




われはもやのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS