古語:

ゐるの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ゐる 【居る】

[一]自動詞ワ行上一段活用

{*語幹・活用語尾が同一}


座る。腰をおろす。座っている。


出典伊勢物語 九


「その沢のほとりの木の陰に下りゐて」


[訳] その沢のほとりの木の陰に、馬から降りて座って。


動かないでいる。じっとしている。とまる。


出典徒然草 一〇


「寝殿に、鳶(とび)ゐさせじとて縄を張られたりけるを」


[訳] 寝殿に、鳶をとまらせまいとして(大臣が屋敷の者に命じて)縄をお張りになっていたのを。


とどまる。滞在する。居つく。


出典枕草子 殿などのおはしまさで後


「久しう里にゐたり」


[訳] 長い間、里にとどまっていた。


ある地位に就く。就任する。


出典源氏物語 葵


「前坊(せんばう)の姫君、斎宮(さいぐう)にゐ給(たま)ひにしかば」


[訳] 前の皇太子のお姫様が、斎宮の地位に就きなさったので。


おさまる。静まる。静かになる。


出典平家物語 九・生ずきの沙汰


「梶原(かぢはら)、このことばに腹がゐて」


[訳] 梶原は、この(=高綱の)言葉で怒りがおさまって。


[二]補助動詞ワ行上一段活用

活用{ゐ/ゐ/ゐる/ゐる/ゐれ/ゐよ}


〔動詞の連用形に付いて〕ずっと…ている。…しつづける。


出典徒然草 三二


「物の隠れよりしばし見ゐたるに」


[訳] 物陰からしばらく見つづけていると。


参考

「居(を)り」は、ある状態でいつづける意。



ゐる 【率る】

他動詞ワ行上一段活用

{*語幹・活用語尾が同一}


伴う。引き連れる。連れる。


出典伊勢物語 六


「やうやう夜も明け行くに、見ればゐて来(こ)し女もなし」


[訳] だんだんと夜も明けていくので、見ると連れて来た女もいない。


身につけて持つ。携帯する。携える。


出典増鏡 むら時雨


「内侍所(ないしどころ)・神璽(しんし)・宝剣ばかりをぞ、忍びてゐてわたさせ給(たま)ふ」


[訳] (後醍醐(ごだいご)天皇は)八咫(やた)の鏡・八尺瓊(やさかに)の曲玉(まがたま)・天(あめ)の叢雲(むらくも)の剣(の三種の神器)だけを、こっそりと携えてお移りあそばす。


注意

「率る」を「ひきゐる」と読まないこと。


参考

ワ行上一段活用の動詞は、「率る」のほかには「居る」「率(ひき)ゐる」「用ゐる」があるだけである。このうち「率ゐる」は「引き」+「率る」、「用ゐる」は「持ち」+「率る」によって成立した語である。









ゐるのページへのリンク
「ゐる」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

ゐるのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




ゐるのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS