古語:

ゑちごやにの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > ゑちごやにの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ゑちごやに…

分類俳句


「越後屋にきぬさく音や衣更(ころもがへ)」


出典五元集 俳諧・其角(きかく)


[訳] 呉服店の越後屋からは、夏の袷(あわせ)を仕立てるために絹地を引き裂くさわやかな音が聞こえてくる。いよいよ衣替えの季節だな。


鑑賞

越後屋は江戸駿河(するが)町にあった呉服店で江戸随一の大店(おおだな)。今の三越百貨店の前身。「衣更」は陰暦四月一日と十月一日に行い、綿入れから袷に、袷から綿入れにとそれぞれ替えた。ここでは前者。絹地を裂く音に、さわやかな夏の到来を感じた句。季語は「衣更」で、季は夏。








ゑちごやにのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

ゑちごやにのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




ゑちごやにのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS