古語:

一人の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

いち-じん 【一人】

名詞

天皇の別称。▽天下にただひとりの人の意。


出典平家物語 一二・土佐房被斬


「上(かみ)いちじんはじめ奉り」


[訳] 上は天皇をはじめとして。


注意

摂政・関白をいう「一(いち)の人(ひと)」と混同しないこと。



いち-にん 【一人】

名詞

ひとり。


「いちじん」に同じ。


第一人者。


出典日本永代蔵 浮世・西鶴


「いちにんの才覚者」


[訳] 第一の知恵者。



ひと-り 【一人・独り】

[一]名詞

一人。その人だけ。


独身。


出典伊勢物語 二


「ひとりのみもあらざりけらし」


[訳] 独身ということでもなかったらしい。◆「り」は接尾語。


[二]副詞

ひとりでに。自然に。


出典浮世物語 仮名


「ひとり博奕(ばくち)は止(とど)まるべし」


[訳] ひとりでにばくちは絶えるだろう。◆「り」は接尾語。









一人のページへのリンク
「一人」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

一人のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




一人のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS