古語:

三昧の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

さんまい 【三昧】

名詞

心を一つの対象に集中して、乱さないこと。心が静かに統一されて他念がないこと。また、その境地。◇仏教語。


「三昧場(ば)」の略。死者を火葬したり埋葬したりする所。火葬場。墓地。


好き勝手にすること。したいままにすること。


出典女殺油地獄 浄瑠・近松


「紙子(かみこ)着て川へはまらうが、油塗って火にくばらうが、うぬがさんまい」


[訳] 紙の着物を着て川へ落ちようが、油を塗って火の中へ入ろうが、お前の好き勝手。



-ざんまい 【三昧】

接尾語

その事に専念・熱中するの意を表す。「念仏ざんまい」。◆「さんまい(三昧)」の変化した語。









三昧のページへのリンク
「三昧」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

三昧のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




三昧のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS