古語:

上衆めくの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ざうず-め・く 【上衆めく】

自動詞カ行四段活用

活用{か/き/く/く/け/け}


「じゃうずめく」に同じ。


出典紫式部日記 消息文


「上﨟(じやうらふ)・中﨟の程ぞ、余り引き入りざうずめきてのみ侍(はべ)るめる」


[訳] 上級・中級の女房の身分(の人々)は、あまりに引きこもって上品ぶってばかりいるようでございます。◆「めく」は接尾語。



じゃうず-め・く 【上衆めく】

自動詞カ行四段活用

活用{か/き/く/く/け/け}


いかにも貴人らしく見える。貴人らしく振る舞う。


出典源氏物語 明石


「やんごとなき人に、いたう劣るまじうじゃうずめきたり」


[訳] 高貴な人に、それほど見劣りしないように、貴人らしく振る舞っている。◆「めく」は接尾語。








上衆めくのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

上衆めくのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




上衆めくのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS