古語:

不覚の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ふ-かく 【不覚】

名詞※「す」が付いて自動詞(サ行変格活用)になる

悟っていないこと。思慮分別がないこと。愚かなこと。


油断して失敗すること。不名誉な誤ちを犯すこと。


出典平家物語 九・宇治川先陣


「高名(かうみやう)せうどて、ふかくし給(たま)ふな」


[訳] 手柄を立てようと思って、油断して失敗しなさるな。


意識不明。人事不省。


ひきょうであること。おくびょう。


出典夜討曾我 謡曲


「寝入りたる所を斬(き)っては、ふかくと思うて」


[訳] 深い眠りに入ったところを切っては、ひきょうなことと思って。









不覚のページへのリンク
「不覚」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

不覚のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




不覚のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS