古語:

世の中の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

よ-の-なか 【世の中】

名詞

人の一生。


出典万葉集 一四一〇


「よのなかはまこと二代(ふたよ)は行かざらし」


[訳] 人の生涯はほんとうに二度とはないようだ。


現世。この世。


出典万葉集 七九三


「よのなかは空(むな)しきものと知る時し」


[訳] ⇒よのなかはむなしきものと…。


(天皇の)治世。政治。


出典源氏物語 澪標


「よのなか改まりて、ひきかへ今めかしき事ども多かり」


[訳] 治世が変わって、ひきかえ当世風なことが多い。


世間。社会。世の中。


出典古今集 春上・伊勢物語八二


「よのなかにたえて桜のなかりせば」


[訳] ⇒よのなかにたえてさくらの…。


世情。世間の情勢。世間の出来事。


出典枕草子 胸つぶるるもの


「よのなかなどさわがしと聞こゆるころは」


[訳] (悪疫流行の)世情などが騒がしく評判されるころは。


世評。世間の人気。


出典大鏡 兼通


「父殿うせたまひにしかば、よのなかおとろへなどして」


[訳] 父の殿がお亡くなりになったので、世の評判もだんだん下降気味になったりして。


身の上。境遇。


出典源氏物語 梅枝


「親なくてよのなかかたほにありとも」


[訳] 親がなくて身の上が不十分であるとしても。


男女の仲。夫婦の仲。


出典伊勢物語 一〇二


「歌はよまざりけれど、よのなかを思ひしりたりけり」


[訳] 歌は詠まなかったが、男女の仲のことについてはよくわきまえていた。


周囲の状況。


世間一般。世の常。









世の中のページへのリンク
「世の中」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

世の中のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




世の中のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS