古語:

久しの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ひさ・し 【久し】

形容詞シク活用

活用{(しく)・しから/しく・しかり/し/しき・しかる/しけれ/しかれ}


長い。▽期間や、時間についていう。


出典平家物語 一・祇園精舎


「おごれる人もひさしからず、ただ春の夜の夢のごとし」


[訳] 思い上がりわがままに振る舞っている人も長くは続かず、ちょうど春の夜に見る夢のよう(にはかないもの)だ。


時間がかかる。


出典枕草子 にくきもの


「例あるところにはなくて、ほかに尋ねありくほどいと待ち遠にひさしきに」


[訳] (修験者は)いつもいるところにいなくて、(使いの者が)ほかを尋ねて歩く間、本当に待ち遠しく時間がかかるが。


久しぶりだ。


出典磁石 狂言


「そなたは最前から『ひさしい、ひさしい』とおっしゃるが、身どもは知る人ではおりないぞや」


[訳] あなたはさっきから「久しぶりだ、久しぶりだ」とおっしゃるが、私は知人ではないよ。◇「ひさしい」は口語。









久しのページへのリンク
「久し」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

久しのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




久しのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS