古語:

乞巧奠の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

きかう-でん 【乞巧奠】

名詞

陰暦七月七日の夜に牽牛(けんぎゆう)・織女(しよくじよ)の二星を祭る行事。奈良時代に中国から伝わり、初めは宮中を中心に行われた。宮中では清涼殿の東庭に机を置いて供え物をし、詩歌の宴も行った。のち、民間にも普及して「七夕(たなばた)」の行事となった。◆「きっかうでん」の促音「っ」が表記されない形。



きこうでん 【乞巧奠】

⇒きかうでん



きっかう-でん 【乞巧奠】

名詞

「きかうでん」に同じ。








乞巧奠のページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

乞巧奠のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




乞巧奠のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS