古語:

二十四気の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

にじふし-き 【二十四気】

名詞

陰暦で、五日を一候、三候を一気として、一年を二十四に区分した季節区分の称。立春・雨水(うすい)・啓蟄(けいちつ)・春分・清明(せいめい)・穀雨(こくう)・立夏・小満・芒種(ぼうしゆ)・夏至(げし)・小暑・大暑・立秋・処暑(しよしよ)・白露(はくろ)・秋分・寒露(かんろ)・霜降(そうこう)・立冬・小雪・大雪・冬至(とうじ)・小寒・大寒。









二十四気のページへのリンク
「二十四気」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

二十四気のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




二十四気のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS