古語:

使ふの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

つか・ふ 【使ふ・遣ふ】

他動詞ハ行四段活用

活用{は/ひ/ふ/ふ/へ/へ}


用いる。役立てる。使う。


出典竹取物語 かぐや姫の生ひ立ち


「野山にまじりて竹を取りつつ、よろづの事につかひけり」


[訳] 野山に分け入って、竹を採取しては、いろいろなことに使っていた。


召し使う。用をさせる。使う。


出典竹取物語 かぐや姫の昇天


「近くつかはるる人々」


[訳] (かぐや姫の)おそば近くに召し使われている人々が。


〔多く「心つかふ」の形で〕(心を)働かせる。使う。


出典竹取物語 かぐや姫の昇天


「たけき心つかふ人も、よもあらじ」


[訳] 強い心を働かせる人は、まさかありますまい。


〔受身の形で〕あやつる。支配する。


出典徒然草 三八


「名利(みやうり)につかはれて、閑(しづ)かなる暇(いとま)なく」


[訳] 名誉欲や利欲に支配されて、心静かなときもなく。









使ふのページへのリンク
「使ふ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

使ふのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




使ふのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS