古語:

例の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ためし 【例】

名詞

前例。例。


出典方丈記 


「よどみに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、久しくとどまりたるためしなし」


[訳] (川の)流れが滞っている所に浮かんでいる水の泡は、一方では消え、同時に一方ではできて、そのまま(川の面に)長くとどまっている例はない。



れい 【例】

名詞

先例。前例。ためし。


出典源氏物語 桐壺


「かかるほどにさぶらひたまふ、れいなきことなれば」


[訳] このような折に(宮中に)お仕えなさることは、先例がないことなので。


習わし。しきたり。


出典土佐日記 一二・二一


「ある人、県(あがた)の四年五年(よとせいつとせ)はてて、れいのことどもみなし終へて」


[訳] ある人が、任国での四、五年の任期が終わって、習わしの事務引き継ぎなどもすべて終了して。


いつものこと。ふだん。平常。


出典枕草子 にくきもの


「験者(げんざ)もとむるに、れいある所にはなくて」


[訳] 修験者を探し求めるが、ふだんいる所にはいなくて。


あたりまえ。普通。並み。


出典更級日記 大納言殿の姫君


「心のなし、目のうちつけに、れいの猫にはあらず」


[訳] 気のせいか、ちょっと見たところ、普通の猫のようではなく。









例のページへのリンク
「例」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

例のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




例のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS