古語:

俗の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ぞく 【俗】

名詞

ならわし。風習。風俗。


出典徒然草 一六五


「すべてわがぞくにあらずして人に交はれる、見ぐるし」


[訳] 総じて自分の風習の中に身を置かないで(ほかの世界の)人と交際しているのは、みっともない。


世間一般。世俗。また、そのような人。


出典三冊子 俳論


「高く心を悟りて、ぞくに帰るべし」


[訳] (俳諧(はいかい)を作るには)高い風雅の精神を悟って、世俗に帰るのがよい。


俗人。出家をしていない人。


出典伊勢物語 八五


「昔仕うまつりし人、ぞくなる、禅師(ぜんじ)なる、あまた参り集まりて」


[訳] 昔、(君に)お仕えしていた人で、俗人であるのも、徳の高い僧であるのも、大勢参上して集まって。[反対語] 僧。


世俗的なもの。風流でないこと。


出典無名抄 近代歌体事


「中ごろの体(てい)をば『ぞくに近し、見所なし』と嫌ふ」


[訳] 中期の歌体を「世俗的なものに近い、見るべきところはない」と嫌う。[反対語] 雅(が)。









俗のページへのリンク
「俗」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

俗のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




俗のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS