古語:

兄人の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

しょうと 【兄人】

⇒せうと



せ-うと 【兄人】

名詞

兄弟。兄。弟。▽年齢の上下にかかわらず、女性から見て男の兄弟をさす。


出典伊勢物語 九六


「女のせうと、にはかに迎へに来たり」


[訳] 女の兄弟が、急に迎えに来た。[反対語] 妹(いもうと)。


兄。▽男性からも女性からも、年上の兄弟をさす。


出典徒然草 四五


「公世(きんよ)の二位のせうとに、良覚僧正(りやうがくそうじやう)と聞こえしは、きはめて腹あしき人なりけり」


[訳] (藤原)公世という二位の人の兄で、良覚僧正と申し上げた方は、大変怒りっぽい人であった。


参考

「せひと」の変化した語。中古、男同士の兄弟の場合には、兄を「このかみ」「あに」、弟を「おとうと」といった。









兄人のページへのリンク
「兄人」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

兄人のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




兄人のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS