古語:

入るの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

い・る 【入る】

[一]自動詞ラ行四段活用

活用{ら/り/る/る/れ/れ}


はいる。はいってゆく。


出典伊勢物語 九


「宇津の山に至りて、我がいらむとする道は、いと暗う細きに」


[訳] 宇津の山について、自分たちがはいってゆこうとする道は、たいそう暗く細いうえに。


沈む。隠れる。没する。


出典枕草子 淑景舎、東宮に


「日のいるほどに起きさせ給(たま)ひて」


[訳] (天皇は)日が沈むころにお起きになられて。


(宮中・仏門などに)はいる。


出典徒然草 五八


「一度(ひとたび)道にいりて世を厭(いと)はん人」


[訳] 一度仏道にはいって世俗を嫌い離れようとするような人は。


至る。なる。達する。


出典徒然草 一九一


「『夜にいりてものの映えなし』と言ふ人、いとくちをし」


[訳] 「夜になっては物の見ばえがしない」と言う人は、とても情けない。


(心に)しみる。はいりこむ。


出典万葉集 二九七七


「何ゆゑか思はずあらむ紐(ひも)の緒の(=枕詞(まくらことば))心にいりて恋しきものを」


[訳] どうして(あの人のことを)思わないでいられようか、いや思わずにいられない。心にしみて恋しくてならないのに。


必要になる。


出典源氏物語 梅枝


「これは暇(いとま)いりぬべきものかな」


[訳] これは(書くのに)時間が必要だったろうなあ。◇「要る」とも書く。


〔尊敬語を伴って〕いらっしゃる。おいでになる。▽「いく」「来(く)」などの尊敬語となる。


出典源氏物語 賢木


「いらせ給(たま)ひけるを珍しきことと承るに」


[訳] (中宮が春宮(とうぐう)御所へ)いらっしゃったのを珍しいことと伺うにつけ。


[二]他動詞ラ行下二段活用

活用{れ/れ/る/るる/るれ/れよ}


入らせる。入れる。


出典古今集 雑上・伊勢物語八二


「あかなくにまだきも月の隠るるか山の端(は)にげていれずもあらなむ」


[訳] ⇒あかなくに…。


含める。加える。


出典枕草子 中納言まゐり給ひて


「かやうの事こそは、かたはらいたきことのうちにいれつべけれど」


[訳] こういうことは、きまりが悪いことの中に加えてしまうべきだけれども。


こめる。うちこむ。


出典古今集 仮名序


「力をもいれずして天地(あめつち)を動かし」


[訳] (和歌は)力をこめないで天地を動かし。


[三]補助動詞ラ行四段活用

活用{ら/り/る/る/れ/れ}


〔動詞の連用形に付いて〕


すっかり…(のように)なる。ほとんど…(に)なる。


出典宇治拾遺 一・一二


「幼き人は寝いり給(たま)ひにけり」


[訳] 幼い人はすっかり寝てしまわれたのだ。


熱心に…する。ひたすら…する。


出典源氏物語 夕霧


「この人も、まして、いみじう泣きいりつつ」


[訳] この人も、(夕霧より)なおさら、たいへんひどく泣きながら。


[四]補助動詞ラ行下二段活用

活用{れ/れ/る/るる/るれ/れよ}


〔動詞の連用形に付いて〕中に入れる、受け入れるの意を表す。


出典源氏物語 帚木


「人も聞きいれず」


[訳] 供の人は聞き入れない。









入るのページへのリンク
「入る」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

入るのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




入るのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS