古語:

其の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

し 【其】

代名詞

〔常に格助詞「が」を伴って「しが」の形で用いて〕


それ。▽中称の指示代名詞。


出典万葉集 四二五四


「秋の花しが色々に見(め)したまひ」


[訳] 秋の花、それを色さまざまにご覧になり。


おまえ。なんじ。▽対称の人称代名詞。


出典万葉集 九〇四


「愛(うつく)しくしが語らへば」


[訳] かわいらしくおまえが語るので。


おのれ。自分。▽反照代名詞(=実体そのものをさす代名詞)。


出典万葉集 四〇九四


「老人(おいひと)も女童(をみなわらは)もしが願ふ心足(だ)らひに」


[訳] 老人も女の子も自分が願う心が満足するように。



そ 【其】

代名詞

それ。その人。▽中称の指示代名詞。前に話題となったものをさす。


出典万葉集 四六六


「わが屋前(には)に花そ咲きたるそを見れど」


[訳] 我が家の庭に花が咲いている。それを見ても。⇒その









其のページへのリンク
「其」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

其のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




其のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS