古語:

其のの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

そ-の 【其の】

分類連語


その。前述の。


出典竹取物語 かぐや姫の昇天


「御衣(みぞ)を取り出(い)でて着せむとす。その時に、かぐや姫、『しばし待て』と言ふ」


[訳] (天人が)天の羽衣を取り出して着せようとする。そのときに、かぐや姫が「しばらく待て」と言う。


ある。何々の。▽ある特定の人や物をぼかしていう。


出典伊勢物語 九


「京に、その人の御もとにとて、文書きてつく」


[訳] 都へ、ある人のいらっしゃる所にと思って、手紙を書いて託す。


参考

現代語では「その」は一語の連体詞とするが、古語では「そ」は単独でも用いられるので二語の連語とする。⇒そ【其】


なりたち

代名詞「そ」+格助詞「の」








其ののページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

其ののお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




其ののページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS