古語:

其方の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

そ-ち 【其方】

代名詞

そちら。そっち。▽中称の指示代名詞。相手のいる方向をさし示す語。


出典万葉集 一九九


「霰(あられ)なすそちより来れば」


[訳] 霰のようにそちらから来るので。


なんじ。おまえ。▽対称の人称代名詞。目下の相手に用いる。


出典止動方角 狂言


「そちは大儀ながら、伯父ぢゃ人の方へいて」


[訳] おまえは面倒であろうが、伯父さんのところへ行って。◇中世以降の用法。



そなた 【其方】

代名詞

そちら。そちらの方。▽中称の指示代名詞。


出典枕草子 清涼殿の丑寅のすみの


「御誦経(ずきやう)などあまたせさせ給(たま)ひて、そなたに向きてなむ念じ暮らし給ひける」


[訳] (左大臣は)僧に経を読ませることなどをたくさんさせなさって、そちら(=内裏(だいり)の方)を向いて一日じゅう祈念しなさった。


その方面。その点。▽中称の指示代名詞。


出典源氏物語 桐壺


「帝王の上(かみ)なき位にのぼるべき相(さう)おはします人の、そなたにて見れば、乱れ憂ふることやあらむ」


[訳] 帝(みかど)というそれより上のない位に進むはずの人相がおありになる人で、その方面(=帝位につく方)として見ると、世が乱れて心配なことがあるのではないか。


あなた。▽対称の人称代名詞。主に目下の相手に用いる。


出典世間胸算用 浮世・西鶴


「そなたの虎落(もがり)、今時は古し」


[訳] あなたのゆすりは、現在では古いよ。








其方のページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

其方のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




其方のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS