古語:

具足の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ぐ-そく 【具足】

[一]名詞※「す」が付いて自動詞(サ行変格活用)になる

十分に備わっていること。


出典枕草子 関白殿、二月二十一日に


「威儀ぐそくして」


[訳] 立ち居ふるまいの作法が十分に備わって。


[二]名詞※「す」が付いて他動詞(サ行変格活用)になる

持つこと。備えること。


出典今昔物語集 一・一


「千の子をぐそくせむとす」


[訳] 千人の子を持つようになろう。


伴うこと。引き連れること。


出典平家物語 七・維盛都落


「ぐそくし奉り、行方も知らぬ旅の空にて憂き目を見せ奉らんも」


[訳] (あなたを)お連れ申し上げ、行く先もわからない旅先でつらい目をお見せ申し上げるのも。


[三]名詞

道具。調度。所持品。


出典宇治拾遺 二・一二


「子孫どもに家のぐそくども負ほせ持たせて」


[訳] 子や孫たちに家の道具・調度類を背負わせ持たせて。


武具。甲冑(かつちゆう)。


従者。


出典今昔物語集 五・二〇


「会ふ狐(きつね)どもを皆ぐそくになして」


[訳] (途中で)会うきつねたちを皆従者にして。









具足のページへのリンク
「具足」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

具足のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




具足のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS