古語:

円居の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

まとい 【円居・団居】

⇒まとゐ



まと-ゐ 【円居・団居】

名詞※「す」が付いて自動詞(サ行変格活用)になる

人々が輪になって座ること。車座(くるまざ)。団欒(だんらん)。


出典古今集 雑上


「思ふどちまとゐせる夜(よ)は」


[訳] 親しい者同士車座になっている夜は。


人々が一か所に集まること。会合。


出典源氏物語 若菜下


「この院にかかるまとゐあるべしと聞き伝へて」


[訳] この(六条の)院にこのような会合があるはずだと伝え聞いて。◆後には「まどゐ」とも。








円居のページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

円居のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




円居のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS