古語:

凡河内躬恒の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 凡河内躬恒の解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

凡河内躬恒

⇒凡河内躬恒(おほしかふちのみつね)



凡河内躬恒

分類人名


生没年未詳。平安時代前期の歌人。三十六歌仙の一人。宇多(うだ)法皇・醍醐(だいご)天皇に仕え、紀貫之(きのつらゆき)らと『古今和歌集』の撰者(せんじや)となり、また宮廷歌人として活躍した。家集に『躬恒集』がある。









凡河内躬恒のページへのリンク
「凡河内躬恒」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

凡河内躬恒のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




凡河内躬恒のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS