古語:

十干の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

じっ-かん 【十干】

名詞

ものの順位などを示す甲・乙・丙・丁・戊(ぼ)・己(き)・庚(こう)・辛・壬(じん)・癸(き)のこと。陰陽道(おんようどう)では、木・火・土・金(ごん)・水の「五行(ごぎやう)」に兄(え)(=陽)・弟(と)(=陰)を割り当てて、十干に配し、甲(きのえ)(=木の兄(え))・乙(きのと)(=木の弟(と))などとする。ふつう、「十二支(じふにし)」と組み合わせて「干支(かんし)・(えと)」と称し、年・月・日の順序を表すのに用いる。









十干のページへのリンク
「十干」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

十干のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




十干のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS