古語:

十文字の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

じふ-もんじ 【十文字】

名詞

「十」の字の形。


前後・左右に「十」の字のように、すばやく動き回ること。また、太刀・長刀(なぎなた)などを「十」の字の形に自在に振るうこと。


出典平家物語 四・橋合戦


「蜘蛛手(くもで)・かく縄・じふもんじ・とんばう返り・水車(みづぐるま)、八方すかさず斬(き)ったりけり」


[訳] (太刀を)蜘蛛手・かく縄・十文字・とんぼ返り・水車などの刀さばきで、八方すき間なく斬りまくったのだった。


「十文字槍(やり)」の略。穂先の部分に左右に突き出た枝があり、「十」の字の形をした槍。









十文字のページへのリンク
「十文字」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

十文字のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




十文字のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS