古語:

千鳥の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ち-どり 【千鳥】

名詞

多くの鳥。いろいろの鳥。


鳥の名。ちどり科の鳥の総称。川・海・湖沼の水辺に群れをなしてすむ。[季語] 冬。


出典万葉集 九二五


「ぬばたまの夜(よ)の更け行けば久木(ひさき)生ふる清き川原にちどり廔(しば)鳴く」


[訳] ⇒ぬばたまの…。


参考

文学に表される四季の代表的な鳥は、春は梅に来る「鶯(うぐひす)」、夏は卯(う)の花に来て鳴く「時鳥(ほととぎす)」、秋は秋風とともに訪れる「雁(かり)」、冬は「千鳥」。









千鳥のページへのリンク
「千鳥」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

千鳥のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




千鳥のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS