古語:

厄払ひの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

やく-はらひ 【厄払ひ・厄祓ひ】

名詞

神仏に祈って身の災難やけがれなどを払い落とすこと。厄落とし。


節分や大晦日(おおみそか)の夜に、「御厄(おんやく)払ひませう、厄落とし」と唱えて町を歩きまわり、厄払いを頼まれると厄難よけの文句を唱えて、金銭をもらい受ける者。[季語] 冬。








厄払ひのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

厄払ひのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




厄払ひのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS