古語:

召し上ぐの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

めし-あ・ぐ 【召し上ぐ】

他動詞ガ行下二段活用

活用{げ/げ/ぐ/ぐる/ぐれ/げよ}


お呼び出しになる。召し出す。


出典古今集 秋下・左注


「この歌は、まだ殿上ゆるされざりける時に、めしあげられて、仕(つかまつ)れるとなむ」


[訳] この歌は作者がまだ昇殿を許されていなかった時に、宮中に召し出されて詠んだ歌という。


取り上げる。没収する。


出典太平記 一


「ことごとく所領をめしあげられ」


[訳] すべて領地を没収され。


お買い上げになる。


出典昆布売 狂言


「ただめしあげらるる方へ参るよ」


[訳] (商売人ですから)ただお買い上げになられる人のところへ参りますよ。








召し上ぐのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

召し上ぐのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




召し上ぐのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS