古語:

司の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

し 【司】

名詞

律令制で、「省(しやう)」に属し、「寮(れう)」に次ぐ役所。「主水司(もひとりのつかさ)」「主膳司(かしはでのつかさ)」など。



つかさ 【司・官・寮】

名詞

役所。官庁。


出典竹取物語 かぐや姫の昇天


「つかさ、つかさに仰せて、…二千人の人を竹取の家に遣はす」


[訳] (帝(みかど)は)役所、役所に命令して、…二千人の人々を竹取の翁の家へお遣わしになる。


役人。官吏。


出典源氏物語 須磨


「近き所々の御庄(みさう)のつかさ召して」


[訳] 近くのあちこちの荘園の役人をお呼び寄せになって。


官職。


出典枕草子 すさまじきもの


「除目(ぢもく)につかさ得ぬ人の家」


[訳] 官職任命の儀式に官職を得ない人の家。



みこと-もち 【宰・司】

名詞

天皇の命令により任地に下った地方官。のちの律令制の国司に当たる。▽天皇の「御言(みこと)」を持ち政治を行うという意から。









司のページへのリンク
「司」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

司のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




司のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS