古語:

合巻の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

合巻

分類文芸


江戸時代後期の草双紙(くさぞうし)の一つ。歌舞伎(かぶき)・浄瑠璃(じようるり)の粗筋(あらすじ)や、歴史・実録などを題材とした、絵入りの庶民的な娯楽読み物。草双紙の中では最も小説的である。代表作には、柳亭種彦(りゆうていたねひこ)の『偐紫田舎源氏(にせむらさきいなかげんじ)』、山東京伝(さんとうきようでん)の『敵討双蝶々(かたきうちふたつちようちよう)』などがある。「合巻」の名称は、黄表紙が、内容が複雑になって長編化したため、それまでの数冊を一巻にまとめたところからでている。









合巻のページへのリンク
「合巻」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

合巻のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




合巻のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS