古語:

合点の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

がっ-てん 【合点】

名詞※「す」が付いて自動詞(サ行変格活用)になる

文書・回状などに、それを承知した印として自分の名の肩に点やかぎ印を付けること。また、和歌・連歌(れんが)・俳諧(はいかい)などを批評するときに、よしとするものに点やかぎ印を付けること。


出典古今著聞集 二一七


「がってんして、褒美の詞(ことば)など書き付け侍(はべ)りとて」


[訳] よしの印をつけて、称賛のことばなどを書きつけますといって。


納得・承知すること。「がてん」とも。



が-てん 【合点】

名詞※「す」が付いて自動詞(サ行変格活用)になる

「がってん」に同じ。









合点のページへのリンク
「合点」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

合点のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




合点のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS